大学生が借金する方法 TOP > 大学生が借金する方法 > 銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違い

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違い

スマートフォンを持つ女性
カードローンといっても、様々な会社がいろいろなカードローンを提供しています。
 
有名どころでは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあり、どちらも学生の利用が可能です。
 
しかし、銀行系・消費者金融系にはそれぞれ特徴がありますので、それを理解したうえでカード選びをしていきましょう。
 
 
【銀行系カードローンの特徴】
・消費者金融系よりも金利が低く設定されています
・審査ハードルが高めといわれています
・即日融資可能なところもあります
・総量規制の対象外です
・利用者へのサービスが消費者金融系よりも少なめです
 
【消費者金融系カードローンの特徴】
・銀行系よりも金利が高めに設定されています
・審査ハードルが銀行系よりも低いといわれています
・融資まで最短1時間のところもあります
・総量規制の対象となります
・利用者へのサービスが豊富です
 
このように比べてみると両者、対照的な特徴があるのをお分かりいただけましたでしょうか。
 
自分の利用目的にあわせて、どちらが自分に合っているかを検討してみてください。
尚、利用にあたってはカードローンごとに「利用条件」が決められています。
 
銀行系・消費者金融系の多くカードローンで共通している条件としては「満20歳以上で本人に安定した収入のある方」という内容。(※この条件をベースに各社ごとの条件が付けくわえられています)
 
利用条件をみたしていれば、申し込み対象者となり、審査をうけることができます。
大学生でも、アルバイトで定期的な収入がある人は十分利用対象者となりますので、一度検討してみましょう。

このページの先頭へ