大学生が借金する方法 TOP > 大学生が借金する方法 > 総量規制というルールを知っておこう

総量規制というルールを知っておこう

p-4このルールは貸金業を営んでいる企業に対して施行されている法律「貸金業法」に定められています。
 
しかし、お金を借りる側にも影響のあるものなので知っておいてください。
 
貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者の貸付などについて定めている法律です。
 
『近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。(金融庁より)』
 
そのため消費者にお金を融資する場合の細かい決まりが記されています。
その中に「総量規制」というルールがあるのです。
 
これは貸金業者が個人向けに融資できる額の総額に制限を設ける規制のことで、貸金業者からの個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されるものです。
 
つまり消費者が貸金業者(消費者金融や信販会社など)からお金を借りる場合、個人の年収の3分の1の金額までしか借りられない・・ということです。
 
例)年収が60万円とした場合、借入額の上限は1/3の20万円
 
しかし、言い換えれば「個人として収入源のある人はその年収の3分の1の額を上限として借りることができる」ということ。
 
つまり学生でも定期収入がある場合は貸金業者からお金を借りることができるということです。
ただし、収入の無い学生がお金を借りることはできません。
 
また、短期バイトなどの不安定な収入しかない場合も、審査が通りにくく借入ができないことがありますので気を付けてください。
 
尚、銀行は総量規制も対象外となります。
 
カードローンを利用する際は、このようなルールがあることを理解したうえで上手に活用していきましょう。

このページの先頭へ